SDGs

NJSグループは、水と環境のコンサルティングとソフトウェアを通じて、SDGsの達成に貢献します。
SDGsとは、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。2015年9月のニューヨーク国連サミットにて採択された国際社会共通の目標で17のゴールから構成され、2030年までに気候変動や格差などの幅広い課題の解決を目指しています。

Sustainable Development Goals Logo
NJSの取り組み SDGsの目標

水道のコンサルティング

水道は生活や産業を支える都市の基本システムであり、安全な水を安心して供給する使命を担っています。

NJSは、水道施設の調査、計画、設計、アセットマネジメント等を通じて安全な水の供給と、水系感染症の予防等に貢献しています。

下水道のコンサルティング

下水道は汚水処理や雨水排除により、健康で安全・快適な生活環境を確保し、広く自然環境の保全に寄与する都市システムです。

NJSは、下水道施設の調査、計画、設計、ストックマネジメント等を通じて、下水道の普及、公共用水域の水質保全、水の効率的利用等に貢献しています。

災害対策

地震や豪雨による災害リスクが高まっています。

NJSは、上下水道施設を中心とした地震・浸水・津波対策の策定や、ICTと浸水シミュレーション技術を活用したリアルタイム浸水対策システムの提供、耐震診断・耐震化計画・耐震対策実施設計、浸水対策実施設計等を通じて、気候関連災害や自然災害に対する強靭性及び適応能力の強化に貢献しています。

環境保全

サステナブルな社会の形成に向けて環境負荷の削減は世界共通の課題となっています。

NJSは、上下水道事業における省エネルギー化や再生可能エネルギーの利用計画のほか、地域バイオマス、水位差・温度差などの未利用エネルギーや水素の活用計画等を通じて、低酸素社会形成の推進に貢献しています。また、ごみやし尿などの廃棄物の適正な処理計画を策定することにより、循環型社会の実現に貢献しています。

このほか、下水処理場やごみ焼却施設等の建設に伴う環境への影響を事前に予測・評価し、安全・安心を担保するための支援も行い、水環境や生態系の保全に貢献しています。

官民連携の推進

上下水道インフラは、事業の効率化に向けた広域化・共同化と官民連携の強化が求められています。

包括委託やDBO、PFI(BTO、コンセッション)などの事業手法に係わる導入検討、スキーム構築、事業者選定支援、履行監視(モニタリング)などを行い、事業体の財政支出の軽減やサービスの向上あるいは事業機会の創出等に貢献しています。また、水道・下水道・集落排水・し尿処理等の総合管理や事業連携、広域連携を実施し、新しいマネジメント手法を提案しています。

民間のノウハウや創意工夫の発揮による業務改善と技術・人員の確保により、事業運営のパートナーとして、上下水道の新たな可能性を創造し、地域の持続的な発展に貢献しています。

経営に関するコンサルティング

上下水道の経営にとって、人口減少に伴う料金収入や一般会計の税収の減少、技術の担い手不足など課題が顕在化している地域があります。

NJSは、地域のニーズに即した経営改善策と実施計画の提案、広域化・共同化計画の策定、経営戦略化プランの策定、企業会計移行支援等を通じて、上下水道事業の経営基盤を強化し、持続的経営とサービスの維持に貢献しています。

ソフトウェアの開発・提供

近年では高度成長期に整備した施設の老朽化が進行し、施設の点検調査から修繕・改築の実施、運転管理まで、ライフサイクルを通した効率的な管理の実現が求められています。

NJSは、インフラのライフサイクルを、点検調査、解析診断、修繕改築、運転管理、災害対策、運営管理の6つのステージで捉え、それぞれのステージに対応したソフトウェアを開発・提供することにより、持続可能かつ強靭なインフラ構築に貢献しています。

海外でのコンサルティング

NJSは、半世紀にわたり、日本政府開発援助(ODA)事業を中心に、世界90カ国以上におけるプロジェクトを通じて、上下水道分野でのマスタープラン策定、フィージビリティ調査、設計、事業費積算、入札図書作成・入札評価、施工監理、人材育成・トレーニング、組織改善・事業経営アドバイス等の業務を実施し、主に開発途上国における水と環境の改善に貢献しています。

雇用の促進

働き方が多様化する中、昨今の社会背景を踏まえ、育児や介護などで就業に制約を受ける社員やシニア層でも活き活きと働けるように、70歳定年制への移行、短時間勤務制度の拡充、在宅勤務制度や年次有給休暇積立制度など様々な施策を実施しており、2019年2月には仕事と子育ての両立を支援する企業として、くるみん認定を取得しました。

障がい者雇用については、千葉県柏市に農園「ウェルファーム柏」を開設し、通常では就業機会に恵まれない障がい者と地元のシルバー人材の雇用創出に貢献しています。

また、スポーツなどの健康増進のほか、健康診断、重病化予防、職場環境改善など健康経営を推進しており、2019年2月には、健康経営優良法人2019(ホワイト500)に認定されました。

地域貢献

NJSは、水と環境に関する事業を通じ、日本全国、世界90カ国の地域社会に様々なサービスを提供しています。

地域の発展に寄与するため、NJS自身もコミュニティの一員として、積極的に地域貢献活動を展開しています。

社員がそれぞれの個性や技術を活かし、環境保全活動や、災害支援活動、上下水道に関する教育や啓蒙活動等に積極的に取り組んでいます。

地域の水と環境を守るNJSの事業は、地域の健全な発展とともにあり、地域社会との信頼関係が事業基盤となっています。NJSグループでは、地域とのコミュニケーションを重視し、良き企業市民として地域づくりや地域コミュニティの発展に向けて社会貢献活動を推進しています。

NJSの持つ水と環境に関する技術やノウハウを活かして、講習会への講師派遣などにより、地域の啓発・学習活動に貢献しています。

災害被災地に対し積極的な支援活動を実施してきました。さらに効果的な支援がタイムリーに実施できるよう、災害支援協定を結んでいます。