Japanes Page English Page

SkyManhole

下水管内水位リアルタイム観測システム

特長

低消費電力・長時間稼働

LPWA(Low Power Wide Area)を活用した低消費電力化や管内水位に応じた通信頻度の切替で、平常時の消費電力を抑制することにより長時間の稼働を実現しました。

広範囲の水位情報収集

マンホール蓋から約1kmの無線通信を実証しました。中継器の設置により伝送距離を約3km延伸でき、計4km程度の広範囲の水位情報を収集できます。
現場の環境により変動する可能性があります。

低コスト・短期導入

電源工事や専用マンホール蓋を必要としないため、低コスト・短期間で導入が可能です。また、免許不要の周波数帯を利用し、通信料金が掛からないため、ランニングコストを削減します。

セキュリティ

インターネットを使用しない独自の伝送仕様やデータ暗号化等により、高いセキュリティを確保します。

仕様

BASICプラン(ユーザー数:10まで)

外形寸法160mm×160mm×43mm
設置方式固定器具、マグネット(利用形態による)
継続動作時間約1年間を実証※
性能保証温度0℃〜+50℃(周囲温度)
防水IP67以上対応
NJSコンサルタンツNJS E&MNJS Engineers India Pvt. Ltd.
page top

NJSコンサルタンツNJS E&MNJS Engineers India Pvt. Ltd.