研修制度

上下水道の専門家を育てる
私塾として設立したNJS

NJSは1951年( 昭和26年)上下水道の専門家を育てる私塾としてスタートしました。
そのため古くから教育の文化が根付き、OJTをメインとした成長を支援する様々な研修制度が整っています。

教育研修計画メニュー

若手向け研修

新入社員研修

入社後すぐに集合研修とOJT 教育があります。
当社独自のOJTシステムを用いてアクティブラーニングを行い、近年の新たなニーズに対応するために必要となるアイディアを具現化する力、いわゆる「0 から1 を作り出す力」を磨いていきます。このOJTシステムでは、教育係であるトレーナーは教える力を、新入社員は教わる力を学ぶことで、新入社員に仕事で必要な技術力と、社会人としての基礎力を身につけさせることを目的としています。

  • ●集合研修
    社内講師による講義、ビジネスマナー研修、配属後のフォロー研修など
  • ●OJT教育
    日常の業務を通し、仕事の進め方や技術力を身に着ける 

若手社員研修

水と環境のコンサルタントとしての必要な技術・能力を身につけるため、基礎技術を習得します。

技術士資格取得支援

社内勉強会や模擬面接を実施する等、技術士資格の取得を推進しています。
また、合格者への報奨金の支給や人事昇級等の制度がございます。
技術士以外にも一級建築士等、様々な専門資格を有する社員が在籍しています。
詳細はこちらからご確認ください。

グローバル社員制度

海外業務に興味がある社員自らが申請して任命される制度です。
グローバル社員に任命された社員はグローバル社員手当が支給される他、会社負担でのTOEIC公開テストの受験、
国内での語学研修への参加機会、海外研修や海外業務にチャレンジする機会が設けられます。
また、TOEIC公開テストで一定の得点以上を取得した社員には報奨金が支払われます。(報奨金支給はグローバル社員以外も対象)
※一部内容については、新型コロナウィルスの影響により現在中止しております。

技術力を高め続けられる環境

e-ラーニング

社員が時間・場所問わず能力を高められるようオンライン学習プログラムを用意しています。
eラーニングのコースは、語学・ビジネス教養・PCスキル・コンプライアンスなどがあり、自らの能力に合わせたコースを履修することで着実にスキルを向上させることが可能です。

管理職研修

将来の会社経営を担う人材を育成することを目的とした研修を実施しています。