業務表彰

Commendation

表彰

NJSは、優れた専門性と高度な人材群を抱えた、水と環境の総合コンサルティング企業です。その実績は常に高い評価を受け、日本下水道事業団 をはじめ、数多くの団体からの表彰を受けて参りました。ここではその内容をご閲覧いただけます。

平成27年度

11月 日本下水道事業団 「平成27年度優良設計表彰」について

日本下水道事業団 では、設計業者の育成及び事業の円滑な推進を図るため、総合的品質が特に優れているものの他、難度の高い設計条件の克服、施設に求められる機能の達成・向上、コスト縮減、周辺環境との調和のいずれかにおいて、設計業者の技術力・創意工夫により優れた成果をあげた設計を優良設計として選定し、受託業者を表彰することとしています。
この度、当社が表彰を受けることとなりましたので、お知らせ致します。

●委託団体名

愛知県名古屋市

●業務委託名

名古屋市広川ポンプ場実施設計業務委託

●担当技術者

宮村 一郎(管理技術者)
:名古屋総合事務所設計三部長
丸山 敏(土木技術者)
:名古屋総合事務所設計二部
秋田 豊(建築技術者)
:名古屋総合事務所施設部
桐生 満寛(建築技術者)
:東京総合事務所設計五部
田中 良明(建築機械技術者)
:東京総合事務所設計五部
金子 邦広(建築電気技術者)
:東京総合事務所設計五部
柳本 玄二(機械技術者)
:名古屋総合事務所施設部
江井 潔(電気技術者)
:名古屋総合事務所施設部

8月 日本下水道事業団 東日本・西日本本部 「平成27年度優良管理技術者及び担当技術者表彰」について

日本下水道事業団 東日本・西日本両本部では、建設コンサルタント委託業務の品質の向上を図るため、総合的品質が特に優れている業務を担当した者であって、品質を向上するために創意工夫や高い技術力等がみられた優良な設計技術者(管理技術者又は担当技術者)を本部長が表彰することとしています。
当社からは、東日本本部・西日本両本部において以下の17名が表彰を受けることとなりましたので、お知らせ致します。

●東日本本部

遠藤 雅也(管理技術者)
:平成26年度習志野市公共下水道に係る合流式下水道緊急改善事業事後評価業務委託
石橋 統水(管理技術者)
:平成26年度鹿嶋市公共下水道事業地方公営企業法適用業務委託
山口 聡(管理技術者)
:平成26年度藤沢市南部処理区ポンプ場実施設計業務委託
細谷 守生(土木技術者)
:平成26年度習志野市公共下水道に係る合流式下水道緊急改善事業事後評価業務委託
松本 宜樹(土木技術者)
:平成26年度中新川広域行政事務組合中新川浄化センター実施設計業務委託
鳥井 英雄(土木技術者)
:平成26年度せたな町瀬棚中継ポンプ場実施設計業務委託
太田 進(建築技術者)
:平成25年度多賀城市大代雨水ポンプ場実施設計業務委託
山田 正直(機械技術者)
:平成26年度せたな町瀬棚中継ポンプ場実施設計業務委託
津田 直哉(電気技術者)
:平成25年度上田市菅平浄化センター実施設計業務委託
布目  毅(電気技術者)
:平成26年度中新川広域行政事務組合中新川浄化センター実施設計業務委託
原 光暢(其の他技術者)
:平成26年度鹿嶋市公共下水道事業地方公営企業法適用業務委託

●西日本本部

稲留 淑喜(管理技術者)
:平成26年度日田市日田終末処理場再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託
井上 和久(管理技術者)
:平成26年度芦屋町下水道管路施設再構築基本設計(長寿命化)業務及び雨天時侵入水に係る
 調査検討業務委託
大森 稔寛(計画設計技術者)
:平成26年度福知山市公共下水道に係る計画設計業務委託
平川 直紀(計画設計技術者)
:平成25年度熊本北部流域下水道に係る総合地震対策計画設計業務委託
中野 芳春(機械技術者)
:平成26年度隠岐の島町五箇浄化センター実施設計業務委託
秋山 義宏(電気技術者)
:平成26年度隠岐の島町五箇浄化センター実施設計業務委託

平成27年度の先頭に戻る

平成26年度

11月 日本下水道事業団 「平成26年度優良設計表彰」について

日本下水道事業団 では、設計業者の育成及び事業の円滑な推進を図るため、総合的品質が特に優れているものの他、難度の高い設計条件の克服、施設に求められる機能の達成・向上、コスト縮減、周辺環境との調和のいずれかにおいて、設計業者の技術力・創意工夫により優れた成果をあげた設計を優良設計として選定し、受託業者を表彰することとしています。
この度、当社が表彰を受けることとなりましたので、お知らせ致します。

●委託団体名

長野県長野市

●業務委託名

長野市東部終末処理場再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託

●担当技術者

小野寺 誠(管理技術者)
:東京総合事務所設計四部
鳥住 英昭(土木技術者)
:東京総合事務所設計四部
石塚 博身(建築技術者)
:東京総合事務所設計五部
村上 和寛(機械技術者)
:東京総合事務所設計六部
渡部 透(電気技術者)
:東京総合事務所設計六部

8月 日本下水道事業団 東日本・西日本本部 「平成26年度優良管理技術者及び担当技術者表彰」について

日本下水道事業団 東日本・西日本両本部では、建設コンサルタント委託業務の品質の向上を図るため、総合的品質が特に優れている業務を担当した者であって、品質を向上するために創意工夫や高い技術力等がみられた優良な設計技術者(管理技術者又は担当技術者)を本部長が表彰することとしています。
当社からは、東日本本部・西日本両本部において以下の11名が表彰を受けることとなりましたので、お知らせ致します。

●東日本本部

小野寺 誠(管理技術者)
:平成25年度長野市東部終末処理場再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託
関根 勇二(管理技術者)
:平成25年度会津若松市下水浄化工場実施設計業務委託
鳥住 英昭(土木技術者)
:平成25年度長野市東部終末処理場再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託
脇 明生(土木技術者)
:平成25年度みよし市(仮)福田第2地区ポンプ場実施設計業務委託その2
石塚 博身(建築技術者)
:平成25年度長野市東部終末処理場再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託
秋田 豊(建築技術者)
:平成25年度浜松市浦川浄化センター他1施設再構築基本設計(耐震化実施計画)業務委託
真田 和広(建築技術者)
:平成24年度岩沼市矢野目配水ポンプ場実施設計業務委託
小川 繁紀(建築技術者)
:平成25年度会津若松市下水浄化工場実施設計業務委託
村上 和寛(機械技術者)
:平成25年度長野市東部終末処理場再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託
渡部 透(電気技術者)
:平成25年度長野市東部終末処理場再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託

●西日本本部

井上 和久(計画設計技術者)
:平成24年熊本北部流域下水道に係る計画設計業務委託

平成26年度の先頭に戻る

平成25年度

8月 日本下水道事業団 東日本・西日本本部 「平成25年度優良管理技術者及び担当技術者表彰」について

日本下水道事業団 東日本・西日本両本部では、建設コンサルタント委託業務の品質向上を図るため、総合的品質が特に優れている業務を担当した者であって、品質を向上するために創意工夫や高い技術力等が見られた優良な設計技術者(管理技術者又は担当技術者)を本部長が表彰することとしています。
当社からは、東日本本部・西日本本部において以下の17名に本部長表彰が授与されましたので、お知らせ致します。

●東日本本部

須田 義嗣(管理技術者)
:平成24年度最上川流域下水道村山浄化センター再構築基本設計
 (耐震実施計画)業務委託
竹田  功(管理技術者)
:平成24年度中新川広域行政事務組合上市汚水中継ポンプ場再構築基本設計
 (長寿命化計画)業務委託
宇田 佳克(管理技術者)
:平成24年度最上川流域下水道置賜浄化センター再構築基本設計
 (耐震実施計画)業務委託
新井山 幹樹(管理技術者)
:平成24年度鶴岡市湯野浜浄化センター実施設計
 業務委託
古川 浩一(土木技術者)
:平成24年度最上川流域下水道村山浄化センター再構築基本設計
 (耐震実施計画)業務委託
松本 宜樹(土木技術者)
:平成24年度滑川市滑川市浄化センター、第3中継ポンプ場再構築基本設計
 (耐震実施計画)業務委託
大月 淳一(建築技術者)
:平成24年度藤枝市藤枝市浄化センター再構築基本設計
 (耐震実施計画)業務委託
金丸 直樹(建築技術者)
:平成24年度中新川広域行政事務組合上市汚水中継ポンプ場再構築基本設計
 (長寿命化計画)業務委託
関根 勇二(機械技術者)
:平成24年度鹿嶋市宮中汚水中継ポンプ場実施設計
 業務委託
中澤 純平(機械技術者)
:平成24年度鶴岡市鶴岡浄化センター実施設計
 業務委託
布目  毅(電気技術者)
:平成24年度中新川広域行政事務組合上市汚水中継ポンプ場再構築基本設計
 (長寿命化計画)業務委託
石塚 高也(電気技術者)
:平成24年度滑川市滑川市浄化センター再構築基本設計
 (長寿命化計画)業務委託
安影 冬樹(電気技術者)
:平成24年度鶴岡市湯野浜浄化センター実施設計
 業務委託

●西日本本部

竹田  功(管理技術者)
:平成24年度洲本市小路谷中継ポンプ場実施設計
 業務委託
中井 敏公(土木技術者)
:平成24年度洲本市小路谷中継ポンプ場実施設計
 業務委託
中山  章(機械技術者)
:平成24年度越前市水循環センター実施設計
 業務委託
荻田 幸男(電気技術者)
:平成24年度越前市水循環センター実施設計
 業務委託

平成25年度の先頭に戻る

平成24年度

8月 日本上下水道事業団の東日本・西日本本部より、本部長表彰を授与される!

日本下水道事業団 東日本・西日本両本部では、建設コンサルタント委託業務の品質向上を図る目的で、両本部が発注し前年度に完了した委託業務の中から、総合的品質が特に優れている業務を担当した者であって、品質を向上するために創意工夫や高い技術力等が見られた優良な設計技術者(管理技術者又は担当技術者)を本部長表彰を行うこととしています。
当社からは、東日本本部・西日本本部において以下の9名に本部長表彰が授与されましたので、お知らせ致します。

●東日本本部

宇田 佳克(土木担当技術者)
:宇田平成23年度いわき市公共下水道等再構築基本設計
 (アセットマネジメント手法活用実施計画)
 及び地方公営企業法適用支援業務委託
文野  昭(土木担当技術者)
:平成22年度上田市公共下水道再構築基本設計
 (アセットマネジメント手法活用実施計画)業務委託
丸山  敏(土木担当技術者)
:平成23年度鶴岡市大山中継ポンプ場実施設計業務委託
秋田  豊(建築担当技術者)
:平成23年度魚津市浄化センター実施設計業務委託
小川 繁紀(建築担当技術者)
:平成22年度上田市公共下水道再構築基本設計
 (アセットマネジメント手法活用実施計画)業務委託
関根 勇二(機械担当技術者)
:平成22年度千曲川流域下水道上流処理区終末処理場
 実施設計業務委託その2
布目  毅(電気担当技術者)
:平成23年度魚津市浄化センター実施設計業務委託

●西日本本部

中井 敏公(管理技術者)
:平成23年度宍道湖西部浄化センター実施設計業務委託
神野 亘啓(電気担当技術者)
:平成23年度宍道湖西部浄化センター実施設計業務委託

平成24年度の先頭に戻る

平成23年度

8月 日本上下水道事業団の東日本・西日本本部より、本部長表彰を授与される!

日本下水道事業団 東日本・西日本両本部では、建設コンサルタント委託業務の品質向上を図る目的で、両本部が発注し前年度に完了した委託業務の中から、総合的品質が特に優れている業務を担当した者であって、品質を向上するために創意工夫や高い技術力等が見られた優良な設計技術者(管理技術者又は担当技術者)を本部長表彰を行うこととしています。
当社からは、東日本本部・西日本本部において以下の7名に本部長表彰が授与されましたので、お知らせ致します。

●東日本本部

西澤 政彦(管理技術者)
:平成21年度四日市市単独公共下水道に係る計画設計業務委託
浦川 武(計画設計担当技術者)
:平成21年度四日市市単独公共下水道に係る計画設計業務委託
伊藤 昌行(機械担当技術者)
:平成22年度町田市鶴見川クリーンセンター増設基本設計業務委託
中澤 純平(機械担当技術者)
:平成22年度函館湾流域下水道函館湾浄化センター他再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託
井手 敏文(土木担当技術者)
:平成22年度町田市鶴見川クリーンセンター増設基本設計業務委託
五十嵐 陽一(土木担当技術者)
:平成22年度千歳市浄化センター他再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託

●西日本本部

長 秀明(建築担当技術者)
:平成22年度宜野湾市普天間中継ポンプ場耐震診断調査業務委託

平成23年度の先頭に戻る

平成22年度

11月 土木学会平成22年度全国大会第65回年次学術講演会:優秀講演者表彰

当社東部支社東京総合事務所水道部の大嶽公康社員は、2010年9月に北海道大学で開催された土木学会平成22年度全国大会第65回年次学術講演会において研究成果を発表し、優秀講演者表彰を授与されました。
同賞は、研究成果をわかりやすく豊かな表現方法で発表したとして認められたものです。

8月 日本下水道事業団の東日本本部より、本部長表彰を授与される!

日本下水道事業団東日本・西日本両本部では、建設コンサルタント委託業務の品質向上を図る目的で、両本部が発注し前年度に完了した委託業務の中から、業務への取り組み、成果等において特に優れていた管理技術者及び担当技術者を対象に、本部長表彰を行うこととしています。 当社からは、東日本本部において以下の5名に本部長表彰が授与されましたので、お知らせ致します

●東日本本部

宮村一郎(管理技術者)
:平成21年度瀬戸市西部浄化センター実施設計業務委託
竹田功(管理技術者)
:平成21年度滑川公共下水道に係る計画設計業務委託
露無顕(土木担当技術者)
:平成21年度瀬戸市西部浄化センター実施設計業務委託
村上和寛(機械担当技術者)
:平成21年度習志野市津田沼浄化センター実施設計業務委託
平木俊充(電気担当技術者)
:平成21年度標茶町標茶終末処理場再構築基本設計(長寿命化計画)業務委託

平成22年度の先頭に戻る

平成21年度

11月 日本下水道事業団より、優良設計表彰を授与

日本下水道事業団(JS)では、毎年創立記念日(11 月1 日)にあわせて、日本下水道事業団表彰を行っております。表彰内容は、(1)優良工事表彰、(2)優良設計表彰、(3)功労者表彰(個人)の各部門から構成され、当社は、優良設計表彰を授与されました。

 優良設計表彰は、前年度に完了した基本設計および基本設計の見直しを含む実施設計46 件の中から、総合的品質が特に優れているものの他、難易度の高い設計条件を克服し、施設に求められる機能の達成・向上、コスト縮減、周辺環境との調和のいずれかにおいて、設計業者の技術力・創意工夫により優れた成果をあげた設計を毎年度優良設計として選定し、表彰するものです。

 なお、詳細内容は以下のとおりです。

業務委託名:
亀山市井田川・能褒野第1 汚水中継ポンプ場実施設計業務委託
設計概要:
井田川・能褒野第1 汚水中継ポンプ場は、川崎町地区と能褒野地区の汚水を収集し、1 級河川安楽川を横断して約1,530m圧送する計画である。
本業務は、新設の井田川・能褒野第1 汚水中継ポンプ場(4.89m3/分)を築造するための基本設計である。
設計概要:
近隣の公園内に、能褒野神社、能褒野王塚古墳(ヤマトタケルのみことの墓)があり、歴史的な景観に配慮し、施設計画を行った。外観等は、建築指導室・教育委員会及び市設計審査室と協議を行い、地域特性に配慮したプランを提示し、顧客要望を反映した十分な成果を残した。
以上により、自然的・社会的制約に基づく設計条件を克服し、周辺環境との調和に十分配慮した本業務を、優良設計として選定した。

11月 神奈川県流域下水道整備事務所長より、感謝状を授与

当社は、神奈川県流域下水道整備事務所から昨年度に受託した業務について、千葉所長より高い評価をいただき、感謝状が授与されました。
神奈川県では、長い歴史の中で高度経済成長期の人口増や、産業の都市集中化などによる公共水域の水質汚濁が問題となり、県民の貴重な飲み水や、地域の水質保全を図る目的で、下水道事業を順次行ってきました。
当社が行った「下水道管渠台帳システム構築化」は、これまで蓄積された下水道事業に係わる膨大なデータを効率的に利用しやすくシステム化するもので、労力・経費削減に繋がるものです。

1.対象業務

  • 業 務 名:平成20年度 酒匂川流域下水道 下水道管渠台帳システム構築委託
  • 設計工期:08/12/26~09/03/31
  • 業務担当者:花房秀明(管理)、武藤隆一(照査)、青木達也(担当)
    藤澤昭子(担当)、若尾一公(営業)

2.顕彰式

  • 日時:平成21年11月4日 午前11時~
  • 場所:神奈川県流域下水道整備事務所
  • NJS出席者:蒲谷靖彦、花房秀明

8月 日本下水道事業団の東日本本部より、本部長表彰を授与される!!

日本下水道事業団東日本・西日本両本部は、建設コンサルタント委託業務の品質の向上を図る目的で、両本部が発注し前年度に完了した委託業務453件(東日本本部252件、西日本本部201件)の中から、総合的品質に優れている業務を担当した者で、品質を向上するために創意工夫や高い技術力等がみられた優良な設計技術者(管理技術者又は担当技術者)について、本部長表彰を行うこととしています。
当社は、東日本本部において、以下4名が担当した委託業務に対し、本部長表彰が授与されましたのでお知らせ致します。

●東日本本部

栗原 清(管理技術者)
:平成19年度千曲川流域下水道(上流処理区)に係る計画設計業務委託
井上泰樹(土木担当技術者)
:平成20年度亀山市井田川・能褒野第1汚水中継ポンプ場実施設計
太田 進(建築担当技術者)
:平成20年度亀山市井田川・能褒野第1汚水中継ポンプ場実施設計
安影冬樹(電気担当技術者)
:平成20年度洞爺湖町虻田下水終末処理場実施設計業務委託

6月 財団法人廃棄物研究財団より感謝状を授与

財団法人廃棄物研究財団は、平成元年に廃棄物の処理に係る情報収集、調査、技術開発、研究等に関する事業を行うことにより、廃棄物の適正な処理とリサイクルの推進を図り、また、生活環境の保全と公衆の衛生向上に寄与するものとして設立され、今年で20周年を迎えられました。
当社は、設立当初より技術開発、調査研究、情報提供などの業務を行い、これまでの実績が認められ、設立20周年を機に感謝状が授与されました。

平成21年度の先頭に戻る

平成20年度

11月 日本下水道事業団より、「優良設計」部門で表彰される!!

日本下水道事業団では、毎年創立記念日(11月1日)にあわせ、(1)優良工事表彰、(2)優良 設計表彰、(3)功労者(個人)表彰の各表彰を行っております。
当社は、前年度に引き続き「優良設計」の表彰を授与されました。
優良設計表彰は、日本下水道事業団が発注し、昨年度に完了した基本設計及び基本設計の見直 しを含む実施設計44 件の中から、総合品質が特に優れているもの、その他難度の高い設計条件 の克服並びに施設に求められる機能の達成・向上、コスト縮減、周辺環境との調和のいずれかに おいて、設計業者の技術力・創意工夫により優れた成果をあげた設計について、毎年度優良設計 として選定し、当該設計業者の育成及び事業の円滑を図るものとしています。
なお、当社が表彰された平成20 年度「優良設計」の業務委託・設計概要・表彰理由等は、以下の通りです。

●平成19 年度輪島市輪島浄化センター実施設計業務委託

【設計概要】
輪島市の下水道事業は平成6 年度に事業着手し、平成12 年6 月に輪島市浄化センターが共用開始している。
平成15 年度に全体計画水量の見直しを行い、平成18 年度に、全体計画処理面積421ha、全体計画処理人口16,700 人、全体計画汚水量10,000m3/日として、許可変更されている。本業務は、計画変更による施設計画の見直しを行う基本設計である。

【選定理由】

(1)
計画汚水量の減少に対し、適正で効率的な施設計画の策定を行った。また、能力の変更と合わせ、処理水質の向上・維持管理の容易化・環境対策の充実・地震対策等の防災面の機能向上等の検討を行い、十分な成果を残した。
(2)
省エネ対策の検討及び処理区の汚泥集約や管理統合に対する将来計画の検討を行い、十分な成果を残した。
(3)
中長期的に増設と改築更新を一体で取り組み、改築更新が円滑に行える施設計画を策定し、成果を残した。

以上により、自然的・社会的制約に基づく設計条件、技術的に難度の高い設計条件を、優れた技術力により克服し、施設に求められる機能の達成・向上を行い、コスト低減に優れた設計を行った本業務を、優良設計として選定した。

●表彰式

日 時
:平成20年11月7日(金)10時30分より
場 所
:日本下水道事業団本社会議室
出席者
:NJS常務取締役久保竹実(木下社長の代理出席)

8月 日本下水道事業団東日本・西日本両本部より表彰される!!

日本下水道事業団では、建設コンサルタント委託業務の品質の向上を図るため、両本部が発注した489 件(東日本本部268 件、西日本本部221 件)の中から、総合的品質が特に優れている業務を担当した者であって、品質を向上するために創意工夫や高い技術力等がみられた優良設計技術者(管理技術者又は担当技術者)を本部長が表彰することとしています。
この度、当社社員5名が、平成20年8月4日付「本部長表彰」を授与されたことをお知らせ致します。
なお、表彰された委託業務並びに詳細につきましては、以下の通りです。

●東日本本部

対象者 委託業務名
青木邦夫 機械担当者 平成19年度 最上川流域下水道村山浄化センター
実施設計業務委託

●西日本本部

対象者 委託業務名
遠木律夫 土木担当技術者 平成19年度 宇部市東部浄化センター
再構築基本設計(実施計画)業務委託
奈良俊二 建築担当技術者 平成19年度 新宮町中央浄化センター(仮称)
実施設計業務委託
黒木聖敏 機械担当技術者 平成19年度 宇部市東部浄化センター
再構築基本設計(実施設計)業務委託
千葉直則 電気担当技術者 平成19年度 宇部市東部浄化センター
再構築基本設計(実施設計)業務委託

5月 平成19年能登半島地震支援で、石川県知事より感謝状を授与

この度、昨年3月に発生した能登半島地震の被災に対し、当社が行った支援について、石川県知事より感謝状が贈呈されました。

平成20年度の先頭に戻る

ページトップヘ
(C) NJS CO.,LTD.